【外資系社員流】ディスカッションでの割り込みフレーズ10選

英語のディスカッションはテンポが速いので、とっさに遮って発言するのが難しい。言えたとしても、いつも” Sorry “と簡単に言うしかない。どうすればもっとカッコよくスムーズに割り込んで、コメントできるだろう?

こんなことを思ったことがある方に向けて書きます。

今回は、商社・MBA・Googleなどで英語でビジネスをしてきたネイティブな僕が、英語のミーティングで「ちょっとだけすみません」と話を遮って発言する方法を10通り選びました。

丁寧な表現からカジュアルな順に、なんとなく並べてみましたので、ちょっと割り込むのが苦手と言う方は、丁寧な表現を選んでみてはいかがでしょうか。

また、フレーズの丸暗記がなぜ中級者以上の方におすすめか、こちらにまとめていますので、まだでしたらぜひ読んでみてください。

【ネイティブが解説】なぜ英語フレーズの丸暗記は超絶おすすめか

2018年11月24日



Would you mind if I make one comment

「ちょっと一つだけコメントいいでしょうか」という意味です。” Would you mind “というからには、相手の反応を一瞬みて承諾を得る必要がありますので、一番丁寧な度合いになります。相手がヒートアップしている場合などは “ let me finish “と言われる場合もあるので、その場合は待ちましょう。

例文
“ Umm, would you mind if I make one comment? “
“ Sure, go ahead “
“ I just wanted to add that …”

“ John, would you mind if I make one comment?
“ Alright hold on let me finish 😉 “
“ Ok “

和訳
「あのー、ちょっと一つだけコメントいいでしょうか?」
「はい、どうぞ」
「一点だけ追加したかったのですが…」

「ジョン、ちょっと一つだけコメントいいでしょうか?」
「あ、うん、ちょっとまって」
「はい」

May I add one thing

「一つ付け加えてもいいですか」という意味です。こちらも” May “を使うことで丁寧語になりますので、目上の人を遮らないといけない場合などに使えるフレーズです。仰々しければ、”Can”に置き換えたほうがいいかもです。

例文
“ May I add one thing to your comment about XYZ? This information might be helpful “
“ Can I add one thing to what you just said? I just learned about this this morning “
和訳
「XYZについて、一つ付け加えてもいいですか?これ結構参考になるかも知れないので」
「一つ付け加えちゃっていいですか?これ今朝聞いたばかりなんですが」

Can I just jump in for a moment

直訳は「一瞬飛び込んでいいですか」ですが、「ちょっと一瞬いいですか」という意味です。ニュアンスはわりとカジュアルですが、元気な印象があっていいので、最近わりとよく使われています。

例文
“ Can I just jump in for a moment? I just wanted to add that … Okay, sorry Joe. “
“ Can I just jump in for a moment? I just want to ask if everyone is aware of ABC? If not I can explain “
和訳
「ちょっと一瞬いいですか?…ということを追加しておきます。以上です、ジョー、どうぞ」
「ちょっと一瞬いいですか?みなさんABCについてはご存知ですか?ご存知なければ説明しますが」

Sorry to interrupt

「割り込んでごめんなさい」「話の途中にすみません」という意味です。もっとも一般的な表現かも知れません。特によく使われているフレーズです。もう知っている人も多いかも知れません。

例文
“ Sorry to interrupt. I didn’t quite catch what you just said. Can you repeat what you said about ABC? ”
“ Sorry to interrupt. I just need to remind you that we only have 5 min left so we need to start wrapping up “
和訳
「割り込んじゃっってごめんない。今ちょっと分からなかったので、ABCについて何と言われたかもう一度言っていただけますか?」
「話の途中にすみませんが、5分前になりましたので、そろそろまとめに入らないといけません」

Sorry to cut you off

Interruptとほぼ同じ意味で、「遮ってすみません」「話の途中にすみません」という意味です。Interruptより若干カジュアルかも知れません。

例文
“ Sorry to cut you off. I just got an email from XYZ about this “
“ Sorry to cut you off. Could you repeat what you mean by … ? I didn’t quite get that “
和訳
「話の途中にすみません。たったいまこの件についてXYZからメールがきました」
「遮ってすみません。…とはどういうことかもう一度説明してもらえますか?そこの部分ちょっとよく分からなかったので」



I have a quick question

「ちょっといいですか」「ちょこっと質問いいですか」みたいな意味です。でも当然 “ Quick “ というからには、それなりに「ちょっと」な質問という期待値はあります。まあでも「ちょっと」といって全然ちょっとじゃない人はたくさんいるので、全く問題はありませんがw

例文
“ I have a quick question. This is for ABC right? Not XYZ “
“ I have a quick question. This is about your email last night right? “
和訳
「ちょっといいですか?これABCの件についてですよね。XYZではなく」
「ちょっといいですか?これって昨日のメールの件ですよね?」

One quick comment

「一個だけちょっと言わせてください」という意味です。一つだけ補足したいような時によく使います。

例文
“ One quick comment. This is due by Friday, but we need to review as a team so please respond by Thursday “
“ One quick comment. There’s a time lag between US and Japan, so be sure to submit within tomorrow Japan time. “
和訳
「一つだけ言わせてください。期限は金曜日ですが、その前にチームでレビューするので木曜日中にコメントください」
「一個だけちょっと言わせてください。アメリカと日本は時差があるので、日本時間の明日中に提出ください」

Just one thing

「あと一つだけ」という意味です。カジュアルといえばカジュアルですが、失礼というほどでもありません。時間がない時は、さっと使えて便利なフレーズです。

例文
“ Oh, just one thing, make sure you all click the Finish button, or else your attendance won’t be counted”
“ Just one thing, if you haven’t received my email by any chance, please let me know. I don’t think i missed anybody, but just in case “
和訳
「あと一つだけ、最後に完了ボタンを押してください。でないと出席がカウントされません」
「あと一つだけ、万が一私のメールが届いていない人がいれば言ってください。漏れはないはずですが、念の為」

Before you move on

「その前にちょっといいですか」「次に行く前にちょといいですか」という意味です。まだ聞けていない質問があったのに、次のトピックに移ってしまった直後などに使えます。

例文
“ Before you move on, I still have one question about ABC “
“ Before you move on, can you explain one more time what you mean by XYZ? I just wanted to make sure I understood correctly “
和訳
「次にいく前にちょっといいですか?ABCについて一つ質問がまだあるのですが」
「その前にちょっといいですか?XYZについてもう一度説明してもらってもいいでしょうか?理解が正しいか確認しておきたいので」

Hold on one second

「ちょっと待って」という意味です。もっともカジュアルな部類になるので、目上の人には使わないほうがいいかも知れません。” Second “ は略して” Sec ”と言われることも多いです。

例文
“ Hold on one second, should we also talk about XYZ, since we talked about UVW ?”
“ Hold on one sec. I’m not sure if I understood you. Could you repeat what you mean by that? “
和訳
「ちょっと待って。UVWについて話したので、ついでにXYZついても話しちゃいますか?」
「ちょっと待って。今のちょっとよく分からなかったかも。どういう意味かもう一度説明してもらえますか?」

【元Google社員が選ぶ】英語おすすめアプリ超厳選3選

2018年12月18日

【満点取得の元Google社員が厳選】TOEICアプリおすすめ8選

2019年1月8日

ここまで読んでくれて、ありがとうございます。
YOLO. You only live once!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です